効率的な業務システムを作ることに関して!

自社システム開発についてのこと

自社で業務に使うシステムを作ろうとすることがあるでしょう。IT部門があればよいのですが、それでも大規模なシステム開発のノウハウがない、ということもあります。既存のシステムの改良程度であれば問題ないこともあるでしょうが、それでは駄目であり、大きく作り変えること、或いはどうしても一から作り直す必要性に迫られることがあるでしょう。そうした時には素直に外注したほうがよいです。それが最も無難なことといえるでしょう。

開発システムを委託して作ってもらう

システム開発というのは、なかなか難しいことになります。まずは、業者に依頼するときにはどこに問題があるのか、どこを改良するべきなのか、どうすれば効率的に業務システムとして稼動できるのか、などと色々と話し合いをしていく必要があるからです。そこが難しいことになりますし、とても時間がかかる部分でもあります。しかし、それで全体としての業務効率が非常に高くなるのであれば大きく費用を投じる価値があるといえるでしょう。

システムを少しでも小規模にすること

大きいシステムほど良い、と言う認識は改めた方が良いでしょう。何故かといいますと大きいですとどうしても処理速度に無駄が生じることになりますし、まして、どうしてもお金がかかることになります。開発費用もそうですが維持をする必要もあります。ランニングコストというのを意識しておくべきなのがシステム開発のです。作って終り、というわけではないので、キチンと維持をするコスト、使い続けるコストを把握して実行していきましょう。

イントラネットの構築に使う事が多いソフトですが、大幅なnotesのバージョンアップで動作しなくなることがありますので、メンテナンスを含めた発注が必要です。